忍者ブログ
ヴィンテージギターの魅力,アコースティックギター、 コアラカンパニー フィドル、ブルーグラス、アイリッシュ。外国旅行
[911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902] [901]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1923年製のギブソン A5ロイドロア フラットマンドリン
作られたのはこの1本かぎり?

実は私もAモデルのロイドロアがあるなんて
見た事も考えた事もありませんでした

ろ

上はFタイプのロイドロア
形がちがいますね

Fタイプはポイントと呼ばれるツノがでていて
ちょうど右の太もも当たりに当たります

当時の音楽学校グリフィスの校長の奥さんが
ツノのないマンドリンをギブソンに注文しました

座って弾くとツノが当たって痛いのでしょうね
座って弾く事も多かったでしょうし

そこでギブソンはAタイプ(ビデオで弾いているもの)を
送ってきました

それまでのAタイプは丸穴のサウンドホールしかなく
F孔(バイオリンみたいな)はありませんでした

たまたまちょうどロイドロアが在籍してた偶然が重なって
このAタイプを作らせたのでしょう

ロイドロアは丸穴をF孔に変えたりロングネック
エレベータフィンガーボード、トラスロッドなどのアイデアをだしました

それによってギブソンの品質や名声は高まり
黄金時代をむかえます

さて、ということで現存するのも(作られたのも?)
この1本?と思われるA5ロイドロア

グリフィスさんから買い受けたタットテイラーが
所有していましたが、ビデオの人達が現在のオーナーでしょう

若いのにいいマンドリン弾いてますね〜
PR

コメント
1941年マイアミの床屋
マスターモデルは22年に発表されるけど何故かA-5の記事がないんですよね、しかしエライ値段になったもんですねロアー。アタシの最初のF5の前オーナーさんが購入したのが1万ドル(レート230円)の時にもビックリしましたが。できる事なら1941年のマイアミの床屋でに行けたら!150ドルっすもんね!実は19日にそんなロアーが弾けるかもしれないのです。詳細は乞うご期待!
【2011/11/06 15:44】 NAME[支店チョ] WEBLINK[] EDIT[]
1941年ころは
まだ、生まれてなかったデス。
D-18が100ドル、28が200ドル
当時の1ドルが2円として
150ドルで300円のロアー?
当時日本でコメ10キロが3円くらいで
今10キロが2,500円とすると833倍か
ということは300x833=249900円?
それくらいだったかも知れませんね。
【2011/11/06 20:21】 NAME[コアラ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

最新CM
[07/15 コアラ]
[07/14 池田正弘]
[07/14 池田正弘]
[04/06 コアラ]
[04/05 yama]
[03/24 コアラ]
[03/23 佐藤 茂]
[12/14 コアラ]
[12/13 paganini]
[05/07 コアラ]
[05/06 NONAME]
[05/06 コアラ]
最新TB
プロフィール
HN:
takamasaguitar
性別:
男性
自己紹介:
ギター歴43年
フィドル歴37年
マンドリン歴37年
バンジョー歴37年
ゴルフ、海外旅行、英語も好き

バーコード
ブログ内検索
カウンター