忍者ブログ
ヴィンテージギターの魅力,アコースティックギター、 コアラカンパニー フィドル、ブルーグラス、アイリッシュ。外国旅行
[1020] [1019] [1018] [1017] [1016] [1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ラス バレンバーグさんが弾いているのが
ギブソン フラットトップギターの名器 J-45 バナーです

このギターは1942年頃から2〜3年の間
作られていました

1942年と言うと第2次世界大戦の時
戦意高揚の気分のときです

だからというわけでもないでしょうが
ヘッドの部分にバナー(旗)がデザインされています

旗には Only A Gibson Is Good Enoughと入っています
ギブソンだけが充分にすばらしい と言っています

演奏されている曲はまずThrough The Gates
門をくぐりぬけて という曲です

ミディアムテンポで演奏しやすいと思います
こんどうちのバンドのレパートリーにも入れたいですね

2曲目はBig Scioty ビッグサヨーリ
サイオト川を歌ったインスト(器楽曲)

J-45のギターが深〜い いい音を出していますね
なかなかギブソンのフラットピッキングは聞かないものだから

とくに新鮮に感じます
また、ギブソン特有の荒っぽさがなくてすばらしいギターです



30年ほど前には私もギブソンを持っていました
1964年のJ-50でした

ドシーン ガシャーン という
それはそれでギブソン特有の音がしていました

このギターは大阪のマーチンリペアマン上岸くんの
ところにお嫁に行きましたが、、、

上はJ-45 1942年製バナーヘッドの写真です
いいですね〜 ギブソンでは一番欲しがられているギターです

垂涎の的 Sought After(ソートアフター)
わずかしか作られなかったし、音がいい

ちょっと欲しくなって来ましたね〜



PR

コメント
無題
マー○ンばかりがギターじゃない!
【2012/06/12 21:44】 NAME[支店チョ] WEBLINK[] EDIT[]
最近Dモデルを弾いてないよ〜ん
【2012/06/12 23:57】 NAME[コアラ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

最新CM
[07/15 コアラ]
[07/14 池田正弘]
[07/14 池田正弘]
[04/06 コアラ]
[04/05 yama]
[03/24 コアラ]
[03/23 佐藤 茂]
[12/14 コアラ]
[12/13 paganini]
[05/07 コアラ]
[05/06 NONAME]
[05/06 コアラ]
最新TB
プロフィール
HN:
takamasaguitar
性別:
男性
自己紹介:
ギター歴43年
フィドル歴37年
マンドリン歴37年
バンジョー歴37年
ゴルフ、海外旅行、英語も好き

バーコード
ブログ内検索
カウンター