忍者ブログ
ヴィンテージギターの魅力,アコースティックギター、 コアラカンパニー フィドル、ブルーグラス、アイリッシュ。外国旅行
[364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イ

テレビでロシア、ロマノフ王朝の秘宝
イースターエッグのことをやっていた。

ニコライ2世が母や妻に贈る為に作らせた
ダチョウの卵大の仕掛け付き宝飾品。

ダイヤをちりばめた装飾で飾られた卵の中から
精巧なゼンマイ仕掛けの動物などが出てくるというもの。

56個作られたようで44個が現在確認されている。
ロシア革命のゴタゴタで散逸してしまった。

オークションで出たときは1個、5億円以上で落札される。
エリザベス女王やモナコが持っている。

物の価値というものを考えた時に
価値とは人の”想い”という気がする。

ある人にとっては無価値、無意味なものでも
別の人にとっては命にかえても欲しいときがある。

かわらのカケラを集めるひと、やきもの狂いのひと、
切手収集から鉄道マニア。

世の中にはそれこそありとあらゆるマニア-好き者-がいて
驚く他は無い。

そういう自分でもヴィンテージギターには目がなく
よだれの流しっぱなしである。

こういう人達がいる限り価値は下がらない。
小さいバブルがはじけるのを経験しながらあがっていく。

土地だって底値とかこれ以上上がらないとか言われているが
昔と比べれば何千、何万倍。

初めてのバブルを経験したにすぎないのである。
江戸時代やら明治、大正からくらべると大値上がりである。

楽器もしかりで、いいものの価値は上がっていく一方である。
昔の値段では全然買えないのを、身をもって知っている。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

最新CM
[07/15 コアラ]
[07/14 池田正弘]
[07/14 池田正弘]
[04/06 コアラ]
[04/05 yama]
[03/24 コアラ]
[03/23 佐藤 茂]
[12/14 コアラ]
[12/13 paganini]
[05/07 コアラ]
[05/06 NONAME]
[05/06 コアラ]
最新TB
プロフィール
HN:
takamasaguitar
性別:
男性
自己紹介:
ギター歴43年
フィドル歴37年
マンドリン歴37年
バンジョー歴37年
ゴルフ、海外旅行、英語も好き

バーコード
ブログ内検索
カウンター